賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

地方と都会では賃料の差が大きくなっているのは仕方の無いことですが、探し方によってはお得に見つけることが出来ます。
それを実現させるためには直接現地に行って物件探しをするのが一番の得策となります。 賃貸物件探しをしている時に、誰もが最も気にすることがやはり家賃です。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。

 

一般的な考え方としまして、賃料設定をする際には、自分の収入の3割程度までにしておきましょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。

 

新しい賃貸物件へ引越しをする時には、最初の月の家賃だけではなく、初期費用として仲介手数料などを支払う必要があります。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。



賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:22/10/19

皆さんは、減量の苦手意識がトラウマになっていませんか?

減量での苦手意識というのは、
運動が苦手なら、運動による減量。
食べる事が好きなら、食事制限による減量。
など、自分が苦手な事をやらなければいけない減量法の事です。

そして、トラウマとは、
運動を頑張りすぎてイヤになり、減量が続かなかった!
食事制限がつらくて、反動で食べ過ぎてしまったり、リバウンドしてしまった!
その結果、結局成功しないから、
減量自体が苦手…となってしまってはいませんか?

あたくしは、ずっとそうだったんです。

食べなかったり、ひたすら運動したり…
辛い思いで頑張ったのに、なかなか成果がでなかったり…
やめたらリバウンドしてしまったり…

減量して綺麗になりたいのに失敗続きで、
またつらい日々が続くのか…と憂鬱になってしまったりしていたんです。

しかも、繰り返し減量をしていた事で、
もし痩せても、またいずれ減量しなきゃいけないのかな…
とどんどんマイナスな気持ちになってしまったんです。

しかし、特定の減量法に苦手意識をもってしまうのは、
今までの経験上、
ハード過ぎたためだったりすることが多い気がするんですよね。

だったら、逆に
いつもの生活とあまり変わりのない、
頑張り過ぎる必要のない、減量だったらどうでしょうか?

減量では、
適度な運動ときちんとした食事はとても大切な事ですよね。

適度に運動して、バランスよく食事を摂る…
簡単ではないと思うかもしれませんが、
絶食や過度な運動などに比べたらとても楽なんです。
だって、いつもの生活をほんの少し見直すだけなんですから!


このページの先頭へ戻る