敷金と礼金について知っておこう

賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。 契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
最近では礼金が不要の物件も多く出てきましたが、基本的には家賃の1〜2ヶ月程度が礼金の相場となります。

 

物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
例えば家賃を滞納してしまったら、それに敷金が使われ、また退去時の現状復帰などでも敷金から差し引かれることとなります。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
このガイドラインを確認してどこまでが原状回復として敷金が使用されるのかを、知っておくと良いでしょう。



敷金と礼金について知っておこうブログ:22/12/09

大人になるとほとんどの人が、
1日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さなお子様がいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
あたくし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さなお子様に対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという妻に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友達に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと妻やお子様と過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
あたくしのこころ片隅には、
「あたくしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

あたくしはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

応援クリックしてね・・・プチ

このページの先頭へ戻る